田中 元樹

田中 元樹

フードネクスト事業部 2020年入社
埼玉大学大学院
理工学研究科 生命科学系専攻
Interview

分からないことを分からないままにしない

趣味・特技を教えてください
 趣味はアウトドア全般です。夏はキャンプや釣り、冬はスノーボードをしています。私は海なし県の埼玉県出身なので、釣りは新潟に来てから始めました。元々埼玉にいるときから屋外で遊ぶことが好きだったのですが、新潟は埼玉よりも自然が豊かで、海や雪山もあり、外遊びを楽しめる環境が整っていると思います。コロナウイルスの影響により、どうしても以前のように大人数でワイワイ・ガヤガヤと楽しむことは難しいですが、いまある環境の中で、自然とうまく付き合いながら休日を満喫しています。コロナウイルスが収まり、人混みを気にせず全国各地のキャンプ場、雪山に行けるようになる日を楽しみにしています!
現在の仕事内容を教えてください
 現在は、食品企業に対しての営業活動を行っております。課内の先輩社員の方々に同行し、お客様を訪問、進行中の案件の進捗状況を伺ったり、新規案件の聞き取りを行ったりしています。その後開発のメンバーとのやり取りを行い、お客様の求めるフレーバーの説明を行い、試作を依頼、完成した試作品をもとにお客様に説明し評価を伺います。このようにお客様の意向を開発メンバーに分かりやすく共有し、おいしい味作りを進めていくための懸け橋のような役割を果たしています。
今の仕事におけるやりがいは?
 1年目で仕事を覚えたての頃は、お客様からの依頼・要望に応えることで精一杯でしたが、次第にお客様からの要望に対して、「何かさらに良いご提案はできないか?」など自分の考えをもって提案を行う余裕が少しずつ出てきました。そして自分が提案を行った商品が採用になったり、或いは、高評価をいただけた際にはやりがいを感じます。
田中 元樹
印象に残っている仕事・成長や達成感を感じた瞬間は?
 「ブラウンルー」という商品の提案を行い、採用をいただけたことが印象に残っております。お客様から依頼が来た際には、「ブラウンルー」という商品が何に使われているかすら知りませんでしたが、ネットで調べたり、また先輩方に尋ねることで、ビーフシチューを作る際に必要なものであることが分かりました。そして、一度実際に自分で作ってみようと考え、製法を調べ作りました。原材料は小麦粉とバターのみで大変シンプルでしたが、弱火で加熱しながら混ぜ続ける必要があり、実際に作ってみると、レシピを見るだけでは分からない、とても手間のかかる製法だということが分かりました。自分で作ってみたことで、お客様に対しても、メーカー様から仕入れたサンプル品について説明しやすくなり、商品の詳細をお伝えすることができました。その後、お客様から採用をいただいた際には、自分で実際に作ったという思いもありとても印象に残っています。
タケショーの魅力を教えてください
 「分かるまで教えてくれる人」が多いなと感じます。特に1年目で何もわからない時に感じました。初めのころは仕事に関して分からないことだらけで、そもそも分からないことを誰に聞けば良いか分からず、全く畑違いの人に聞いてしまうことも多々ありました。そんな場合でも先輩社員の方々は、私が聞いた質問に対して「分からない」で済ませるのではなく、分かる社員の方を探してくださり、解決まで手助けしてくださいました。初めは、どんな先輩社員の方々も何も知らない状態からのスタートなので、知らないことを恥じず、どんどん積極的に質問すると成長できると思います!
田中 元樹
成し遂げたいこと・挑戦したいことはありますか?
 お客様の定番商品に対してフレーバー提案を行い、採用を勝ち取りたいです。お客様の定番商品は期間限定商品などと比較して生産量が多く、売上も大きくなります。その分、ライバル企業が多く存在することも確かです。自社の強みをきっちりと理解したうえで、お客様に対して何をアピールしていけば良いかを考えながら営業活動を行い、目標の達成を目指します!

Schedule
ある一日のスケジュール

8:30
朝礼
8:40
部内ミーティングに参加
課をまたいでの情報共有を行います
9:30
課内ミーティングに参加
今週のすべきことを同課のメンバー内で共有します
10:00
ミーティング議事録を作成
「誰が見てもわかりやすく簡潔に」を目指して作成しています
12:00
移動/社外で昼食
訪問先周辺で昼食を取ることが多いです
14:00
商談
先輩社員と共にお客様を訪問し、新規案件や進捗中案件の聞き取りを行います
16:45
商談内容の整理/報告
リーダーや研究開発部のメンバーに聞き取った内容を共有します
17:15
日報作成
17:30
終業
田中 元樹

Join us 誰かのために、真剣に、
本気になれる自分へ。